トップページ > 採れたてコラム
マルヨ水産のスタッフが、水産業界の話から
八戸にまつわる話まで掲載します。
採れたてコラム 最新記事

カレンダーから選択すると、その日の全種類の記事が表示されます。
<<  2019年05月 >>
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 

2019年05月16日(木)
「第38回八戸うみね..

最新のコメント

カテゴリー一覧
ウェブマスターの八戸だより(41)
「第38回八戸うみねこマラソン全国大会」
全国の皆さん、4ヶ月ぶりの登場、コボッケーです。私、ボーッと生きている間に(チコちゃんに叱られろ!)世の中は、元号が「平成」から「令和」になり、何か気持ちも引き締まった感じがします。(体は全然締まらないのにネェ)突然ですがここでお知らせがあります。おそらく国民の9割はご存知だと思いますが、(?)元AKB48の初代総監督であり、又、私の心の師でもありますところの、たかみな様が5月1日めでたく令和婚しました。(オメデトー!パチパチ)今まで苦労を重ねてきたたかみなだけにとにかく幸せになってもらいたいと常々思っていた私としましては、感無量です。思い起こせば15年前、八王子からオーディションを受けに来て、(ちょちょちょっと待った!!終わらなくなるから今回は勘弁してもらえませんか?)そう?じゃぁ、まぁこの続きは次回ということにしましょうか。そんな訳で、とてもいい元年を過ごしています。
そして、この季節、この時期と言えば、・・・正解!(誰も言ってなーい!)そうです。令和最初の「第38回八戸うみねこマラソン全国大会」が5月12日に開催されました。快晴で気温も15度位と絶好のコンディションの中、全国25都道府県から5,861人がエントリーし、今回から、女子ハーフマラソンの最高タイムの方に「チェコ共和国杯・人見絹枝賞」が贈呈されることもあり、一層盛り上がってる感じです。それでは早速その模様を現場からお送りします。

今回も選りすぐりの方々をご紹介しますが、まず、まさに今が旬、ジャストミ〜ト!(古館かっ!)の令和の天女のお写真。必ず誰か令和に絡んだコスプレが出ると思ってたんだよね。(そんな事を言うな!)品があってお綺麗です。そのお隣はバルーンアート「ミス・ビードル号」のお父さん、ご家族といい記念になりましたね。そして、ついつい足が女子の方へと向いていく私。美女5人衆の記念撮影に便乗しちゃいました。更に、可愛い小悪魔ちゃんを発見!最初T、てぃー、てぃーてぃてぃー、(無理矢理チョコプラをぶっ込むんじゃない!)TシャツのプリントがIDかと思ったら、そう、エロなのよ。エロ愛って、この世の男は全員だ〜いすき♡!(ハズキルーペかっ!)このお二人に誘われたらおじさん困っちゃう。(絶対ない!!)愛ちゃんも(勝手に名前を付けるな!)可愛いのに背中のお写真で残念!次はお顔の写真もよろしくね!(よしなさい!)


ここまではとてもいい感じでしたが、ここからちょっと恒例の、禁断の世界へと突入!
見つけました。下下下(それはお前だ!)失礼、ゲゲゲの鬼太郎ご一行様。なかなかクォリティの高いコスプレでした。個人的にはコンニャクの化け物が好きかな。(それはぬりかべです。)次は、懐かしいおばけのQ太郎、オバQ。・・・えっ違うの?何?きんた○(放送禁止じゃぁ!)、ぎんたま?へぇ〜、銀魂!その中の「エリザベス」って言うキャラクターなんだ!知らなかった。でも、このエリザベスちゃん、ろくに前も見えない格好で、3kmではなく、5kmを走っていたのにビックリ!付き添いの美人さんに助けられながら頑張っていたその姿に感動!きっといい事ありますよ。次の写真も何か今風のキャラクターだとは思うんですが、全く分からず、でもかっこいいです。そしてその隣は皆さんご存知の水戸黄門様。じゃなかった、八戸黄門(はっとこうもん)様。さまになってるし、風格すら感じますね。


続きまして、今回、コボッケーこだわりの写真がコチラ!素敵な女性お二人の5kmコースでのワンショット。で、何がこだわりかと言うと、もう気付いた人もいると思いますが、右の女性のゼッケンが「5504」そう、「ゴーゴーマルヨ」なのです。実は前々回からランナーのゼッケンを気にしていたんですが、今回遂に見つけちゃいました。満足!後、ハーフマラソンからは、来年完成予定の蕪島神社新社殿の見守る中、激走するランナー達。力が入ります。そして、今年も「八戸市水産科学館マリエント」の前では、スタッフの大漁旗を振っての声援がランナーを後押しします。中には、沿道の応援に手を振って応える光景も。これぞうみねこマラソンだね。
令和元年の記念すべき今大会も、ランナー、応援する人、運営スタッフ、ボランティアの皆さんそれぞれが大会を盛り上げ、そして楽しんだことと思います。来年は東京オリンピックも開催されるし、一層の盛り上がりが期待されます。今から来年が楽しみ〜!!美人さ〜ん、コスプレさ〜ん、ゲテ物さ〜ん(ゲテモノは止めて!)待ってま〜す!!そして、また元気で会いましょう!! コボッケーでした。
2019年05月16日(木)   No.122 (ウェブマスターの八戸だより)

第34回八戸うみねこマラソン全国大会
おい〜すっ!コボッケーで〜す。全国の皆さん、五月に入り、ゴールデンウィークも終わったこの時期、八戸に待ちに待ったイベントと言えば、そうです。「第34回八戸うみねこマラソン全国大会」が開催の運びとなりました。今年は過去最多となる6375人がエントリーしており、年々盛り上がっていますね。今回は昨晩の雨は上がったものの、曇天で朝は少し肌寒い感じでした。それでも、時折日差しが届く中、ランナー、大会スタッフ、沿道で応援する方々等、それぞれが大会の成功を祈って精一杯頑張ってました。
まず、大会をサポートする側としては、協賛各社の皆さんが早くから景品交換の準備に追われていました。マルヨ水産も、ピンクのスタッフが(誤解を招く発言はいけません!ちゃんと言いなさいよ。お揃いのピンクのジャケットに身を包んだスタッフでしょ!)そうそう、当社の人気商品「かもめちくわ」を参加者に手渡ししながら激励していましたよ。ごくろうさ〜ん!

駐車場の端には露店が並び、やはり、イベントには欠かせません。盛り上がるよねぇ〜。皆さんのお腹を満たすべくスタンバってました。そして、朝からいい香りを漂わせていたのが、いつもこの駐車場で毎週日曜行われている館鼻の朝市にも出店しているコーヒー店の「みな実」さん。私ごとですが、この車の横の看板が気になったので載せちゃいました。(もしかして、みなみ、創業48年、・・・48、Tみなみ?)
続きまして、このような大会には欠かせない、楽しみなマスコット&かぶり物&気ぐるみ&コスプレ編がコチラ!(皆さんを色ものみたいに言うな!)

まずは、知る人ぞ知る、超豪華な顔合わせとなった1枚。左からアイスホッケー「フリーブレイズ」のブレイジー(ペガサス)、サッカー「ヴァンラーレ八戸」の応援団ティガーマスクさんとヴァン太(いか)、そしてバスケットボール「青森ワッツ」のチョチョリース(?それってJAバンクのリスじゃない?)失礼!クイッキー・デッチ君でした。
次に、今年も来てくれました。新幹線のかぶり物と緑の全身タイツと言えば、「七戸はやぶさPR隊」。函館までの開業が来年3月予定という事で力が入っております。
そして、宇宙からようこそ!(ってわけがない!)害虫駆除等で活躍されている「イカリ消毒」さんでした。夏場の防虫よろしくお願いします。
あと、色もの(違う!)コスプレではミニーちゃんに扮したお嬢様方。キュートでした。

沿道では、いざという時の為のAEDを備えた救急係の皆さんや、距離表示板係の皆さん、給水係の皆さん、そして、ランナーを応援してくれる皆さん、みんな頑張ってます!

そして、今年の大会の特別招待選手は、山口衛里さん。実はコボッケー、男女を問わず、マラソンや駅伝を観戦するのが好きで、山口さんは昔から知ってましたよ。何しろ日の丸を背負って戦って来た方ですから。そんな山口さんと一緒に写真に写ったミーハーな親子のこのご満悦な顔。(人の事が言えるのか?君が帽子にサインをしてもらい、さらに握手してもらった事を知っている!)いやー、とても素敵な方です。
後はランナーの雄姿をご覧ください。皆さん各々自分の目標に向かって頑張って走る姿は見ている人の心を打ちますね。来年は是非ともランナーとして参加したいと思っているコボッケーでした。(ムリムリムリムリ!)
最後に、この大会が無事に終了した裏には、運営に携わった多くのスタッフの努力があったからだという事を忘れてはいけません。皆さんお疲れ様でした。そして、ランナーの皆さん、来年もまたこの大会で会いましょう。皆さんの素晴らしい走りを目の当たりにした時、思わず私はこう叫ぶに違いない。いや、絶対叫ぶに決まっているさ。「ナイスラ〜ン!」とねっ!(なんじゃそれは!君は劇団四季か!) ではまた。コボッケーでした。
2015年05月12日(火)   No.111 (ウェブマスターの八戸だより)

八戸の臨海地帯に、まるで希望の光のように燦然と輝く炎…
ど〜も〜!コボッケーで〜す。ここ八戸にも一歩ずつ春の足音が近付いて来ました。休日、お天気が良ければ、外へ散策に出るのもいいですね。私も先日、やっと穴から(?君は熊かっ!)じゃなかった、布団から這い出し、散歩したら、気持ちがいいのよ。だって日差しが あったかいんだからぁ〜♪!(それを言いたかっただけでしょ!)
ところで、東日本大震災から4年が経ちました。亡くなられた方15891人、行方不明の方2584人の未曽有の大災害後、復興も着実に進んでいるものの、現在も約22万以上の方々が避難生活を続けており、まだまだ先は遠く長い道のりです。しかし、皆さん、この震災を決して忘れることなく、教訓にしながら、一歩ずつ前に向かって行きましょう。この気持ちは決して被災地だけではありません。3月11日、私は出張で静岡に行ってたんですが、午後2時46分、その時間たまたま市内の某スーパーにいたところ、店内放送で「震災で亡くなられた方々に哀悼の意を込めて黙祷したいと思いますので、お客様もご協力お願い致します。」という店内放送が流れ、従業員、買い物客が一緒に、一分間の黙祷を捧げました。被災地の人間として、とてもありがたく、心が熱くなる想いでした。そして、東北だけでなく、日本全体が絆で結ばれている事を再認識させられました。頑張ろう、東北!頑張ろう、日本!!
そう言えば、最近、八戸の臨海地帯に、まるで希望の光のように燦然と輝く炎をご存知でしょうか。これは八戸ポートアイランドの八戸LNG(液化天然ガス)ターミナルにある「JX日鉱日石エルエヌジーサービス蝓廚了楡澆如∈Gの1月8日から試運転する時に燃やしているガスの炎だそうです。なんか分かり難いようですが、では、これならどうよ!皆さん。以前、じぇじぇじぇ!で一世を風靡したNHK朝の連ドラ「あまちゃん」で主役を演じた、あの能年玲奈さんが出演しているCM、「エネオス見学に、ようこそ能年玲奈さん!」
の天然ガス篇で紹介されているアレです。エネゴリ君も登場しているよね。能年さんの「あっ!エネゴリさんだ!」のフレーズはみんな知ってると思います。
昼はあまり目立たないんですが、夜はこんなに素敵な光景になるのです。それがこちら!

なんか、世の中を明るく照らしてくれているようでいいですね。当初、3月いっぱいでこの試運転が終わる為、炎が見られなくなるという話でしたが、先日、地元の超メジャー新聞DリーTほくさん(すぐ分かります!)に、4月からも、施設の圧力調整によっては点火もあり得るという記事が載っていたので、まだまだ見れるチャンス有りですよ。
希望の光と言えば、やはり、日の出は心洗われますよね。先日、このコーナーですっかりお馴染みの、早春の三陸復興国立公園を散歩した時に、ちょうど朝日がきれいだったので、撮った一枚がこちら!

いや〜きれいだね。では、このへんで。
と、ちょっと待ってちょっと待ってお兄さん!(ラッスンゴレライ?)実は今回、皆さんにサプライズの何コレ珍百景をご用意してます。それが、こちら。この写真を右へ90度回転すると・・・ドン!

なななんと!エネゴリ君登場!これってすごくな〜い?コボッケー久々の大スクープね。まさに何コレ!(かなりテンション上がってるね。まぁ見えない事はないけど・・・)
と言う事で、今回は朝日を見ているエネゴリ君でお別れです。皆さん喜んでいただけましたでしょうか?ではまた次回のお楽しみ!さよ〜なら〜!
2015年03月16日(月)   No.110 (ウェブマスターの八戸だより)

2015年マルヨ水産新年会
みなさ〜ん!お寒い中、いかがお過ごしですか?ちょっと遅くなったけど、2015年が明けましたね。(遅過ぎ!今年も先が思いやられるわい!)今年はまず皆様に沢山の福がやって来ますように、この話題から!
先日、マルヨ水産共済会主催の新年会が行われました。何がおめでたいって、まずはこれを見なけりゃ始まらない!それがこちら!!


今年も青森県上北郡おいらせ町界隈では超有名な書道家、川口景風先生が大作を仕上げて下さいました。それにしても見事な書だこと!うーん、素晴らしい!なんともいえず、この〜ダイナミックと言いますか、筆のタッチがねぇ〜、いいねぇ・・・ところで、・・・何て書いてんの?わかんな〜い!(かわいくない!)それでは景風先生にヒントを頂きましょうかね。それが、こちら!


あれ?さっきの字が逆さまになってる!ほう〜、もしかして福?(正解!)と言う事は、な〜に〜?先生、やっちまったなぁ!(はい、今年の初パクリ出ました!)それにしても間違えて逆さまに書いちゃうなんて、だめよ〜だめだめ!(これはまだまだ使えるね!)えっ?間違いじゃない?逆でいいの?でも何で逆に書くんでしょう?・・・と言う事で、調べてみたところ、こんな深い意味があったのです。
これは「倒福(とうふく)」と言って、中国では春節(旧正月)に家々に貼られる「福」の字を逆さまに書いた赤い紙の飾り物で、中国語の発音で倒と到が同じな事から語呂合わせをして、福を倒して(逆さまにして)、福が到来しますようにと言う願いを込めた縁起担ぎだそうです。では、この習慣がいつ頃から始まったかと言うと・・・説明せねばなるまい!(タイムボカンシリーズかっ!)それは、さかのぼって西暦1350年頃の明の時代。初代皇帝「洪武帝」(こうぶてい)と皇后「馬皇后」(ばこうごう)にまつわるお話です。長くなるので多少端折っていきますよ!
ある年の春節に洪武帝がお忍びで市中を散策した際、とある人物の描いた年画(春節用の縁起物を描いた絵)を目にし、その絵が馬皇后を嘲笑したものと思い込み、この年画を描いた者を処罰しようとしました。(それは大変だじゃ〜!)洪武帝はその人物を調べさせ、無関係な者の家には「福」の文字を書いた紙を貼るよう命じ、翌朝、この「福」の文字が貼られていない家の者を処罰しようとしたのです。(ヤバ〜ババイ!)この計画を知った馬皇后は無実の罪で処罰される民に同情し、洪武帝に気付かれないよう、明け方までに全ての家に「福」の紙を貼るように命じました。(ナイス皇后!)翌朝、洪武帝の命を受けた兵士が市中を探しても、「福」が貼られている家ばかりで、どの家の者を処罰すればよいのか判らなくなってしまいます。(作戦成功!)しかし、その中の一軒の家の者が文字を知らなかったために「福」の文字を逆さまに貼っているのを発見し、(いつの世も必ずこんな人が一人はいるのよねぇ!)洪武帝に報告しました。それを聞いた洪武帝は「福を倒して貼るということは、民の生活が苦しいことを皮肉った行為だ」と激怒し、兵士にその家の者を処罰するよう命じました。(またまたヤバ〜イ!)そしてここで満を持して馬皇后の登場だ!(だんだん紙芝居みたいになってきたぞ!)またしても罪のない民に危害が及ぶことを恐れた馬皇后は、機転を働かせ、「その家の者は洪武帝の使者が訪れることを知り、わざと福を逆さに貼って福が到(いた)る、を表現したのです」と洪武帝を説得して事なきを得たそうです。(ナイス皇后パート2!)民はこの馬皇后の功績を讃え、それ以降、大晦日には門上に「福」の文字を書いた赤紙を逆さに貼り付け、一家が平安である事を願ったということです。
といった感じで、皆さん、ご理解頂けたでしょうか?とにかく、縁起のいいもんですので、この写真を見ながらみんなでお祈りしましょうか。それでは、2回柏手を打って、「パンパン!ムッシュムラムラ!」・・・(あ〜ぁ 今回はせっかく今年1回目で「倒福」のいい話だったのに、・・・台無しだ!)な〜にぃ〜?俺がやっちまった?
結局、やっちまったのは景風先生ではなくコボッケーだったというオーソドックスなオチで今年1回目はおしまいです。今年も何かやっちまいそうなコボッケーをよろしく!!
 では、次回 あなたとお会いしましょう!
2015年01月30日(金)   No.109 (ウェブマスターの八戸だより)

第18回 マルヨ水産カップママさんバレーボール大会
どーも皆様、コボッケーです。11月に入りましたが、その後お変わりなくお過ごしでしょうか?私はおかわりのし過ぎでまた今年も恒例の「秋太り」の真っ最中です。(君には学習能力はないのか!)そう言えば、健診センターのお姉さん(保健師さんでしょ!)そうそう、その保健師さんに栄養指導をしてもらっているんだけど、「バランスの良い食事と適度な運動をしろっつってんだろ!」、(保健師さんは決してこんな口調で言ってはおりませんので。念のため)って言われてるんだよね。スポーツの秋かぁ。思えば、当、マルヨ水産もいろんなスポーツイベントには積極的に協賛をしてるんだよね。春のうみねこマラソンに始まり、各マラソン大会、小川原湖駅伝大会、そして、ママさんバレー ・・・何?ママさんバレーと言えば・・・マルヨカップ・・・えっ今日は・・・11月2日!なんと!へたこいた〜!!今日が決勝戦の日だじゃ〜(訛らなくていい!)という事で、とるものもとりあえず、着るものも着ず、(君!着るものはちゃんと着なさい!)会場の青森マエダアリーナまで、「どこでもドア」で、(君はドラえもんか!確かに体型は似てるけど。普通に車で行きなさい!)まぁいいかー!じゃマイカーで!(君のダジャレは相変わらずつまらん!!)
八戸から「どこでもドア」で約10秒(違うっつーの!)失礼!車で約2時間、会場のマエダアリーナは各種国際大会も開催される素晴らしい施設でビックリ!早速大会が行われているメインアリーナを探していると、アリーナがありーな!(きついねー)そして、中に入ると、会場はでかいじょー!(ひどすぎる!)何はともあれ、やっと会場に到着!

コートではちょうど「マルヨの部」の決勝戦が始まるところでした。あっ、ちょっとここで簡単に説明せねばなるまい!(タイムボカンシリーズかっ!)「マルヨ水産カップママさんバレーボール大会」は、今年で18回を数える、県内ではすっかりお馴染みの9人制ママさんバレーボール大会で、今年35チームがエントリーする、躍動感あふれるメインの「マルヨの部」、熟練の技が冴える美熟女軍団10チームがエントリーする「かもめの部」、そして、今年から新たに、「出たいんだけどメンバーが足りなくて大会に参加できないのよぉ〜さびしいわ〜」とお嘆きの方々に朗報!他のチームからメンバーを借りて参加出来る「丸天の部」が設けられ、早速4チームのエントリーがありました。この大会は以上3つの部で行われます。
ちなみに、昨日行われた「丸天の部」は「田舎館」チームが初代女王に、先ほど行われた「かもめの部」の決勝戦では「ひろさきZERO」チームが5連覇達成。おめでとう!! 
そして、待ちに待った「マルヨの部」の決勝戦。なんだか私も自分の事のように緊張で汗ばんできたぞ!(それはデブで厚着しているせいです。)対戦は八戸地区代表の「三菱」と東青地区代表の「あすなろ」となり、まずは、両者がコートの端に向かい合って並び、、1人1人アナウンスで紹介されます。呼ばれた人は1歩前に出てお辞儀をすると相手チームも拍手し、お互いの健闘を誓い合います。コボッケーはこういう所に弱いのよ。この、「バレーを愛する者同士、フェアープレーで頑張りましょう」と言ったスポーツマンシップに則ったさわやかなシーンを見て、もうウルウルしています。
いよいよ試合開始のホイッスルがアリーナに響きわたり、熱戦が繰り広げられました。そして、まず驚いたのが、私のママバレイメージとして(勝手に省略するんじゃない!)、とにかく3回でボールを相手コートに返す事の連続かと思いきや、なななんと、しっかりとレシーブ・トス・スパイクの攻撃が出来てるんじゃないの!見ごたえあるわ〜!

まさに美女と美女の真っ向勝負!昔の「アタックナンバー1」を思い出すなぁ。(いや、君の世代は「サインはV」だ!)
スパイクが決まるとみんなで喜び、誰かがミスするとみんなで励ますその姿、あぁ美しい!
そして、死闘の末、この熱戦を制したのは「三菱」。5連覇の快挙達成です!チームの皆さん、おめでとう!試合直後の優勝インタビューを終え、喜びいっぱいの姿がこちら!

表彰式ではお互いの健闘を称え合いました。マルヨの商品も送られましたよ。

今回、実際に会場でプレーする姿を見て、まず感じたのが、まぁ皆さん、生き生きしてます。好きなバレーを仲間と一緒にやる事が、美と若さの秘訣なんでしょうね。そして、強い!スパイクを打つ時は、まるでボールに旦那の顔でも写っているかのように、思いっきりひっぱたいてストレスを発散しているようにも見られたぞ。(君、それを言っちゃ〜おしまいよ!)失礼しました。でもその位迫力のある力強いプレーに圧倒されました。
最後に、大会に参加された皆さん、お疲れ様でした。また、来年も元気にこの大会でプレー出来ます事をお祈りしています。一度きりの人生、楽しまなきゃね!よーし、コボッケーも明日からスポーツして痩せるぞ〜!(絶対やらねぇ。バレーだけにバレバレだ!)
と言ったわけで、今回はここまで。またお会いしましょう!
2014年11月06日(木)   No.108 (ウェブマスターの八戸だより)

 OR AND
スペースで区切って複数指定可能
-------------------------------------------------------------------------------------------------------
2019年 /
05月
-------------------------------------------------------------------------------------------------------
2015年 /
01月 / 03月 / 05月
-------------------------------------------------------------------------------------------------------
2014年 / 05月 / 07月 / 11月
-------------------------------------------------------------------------------------------------------
2013年 / 03月 / 05月 / 07月 / 08月 / 09月
-------------------------------------------------------------------------------------------------------
2012年 / 01月 / 02月 / 03月 / 04月 / 05月 / 07月 / 08月 / 10月
-------------------------------------------------------------------------------------------------------
2011年 / 03月 / 04月 / 07月 / 09月 / 11月
-------------------------------------------------------------------------------------------------------
2010年 / 04月 / 05月 / 06月 / 07月 / 08月 / 09月
-------------------------------------------------------------------------------------------------------

管理用  採れたてコラム最新記事



 トップページ プライバシーポリシー サイト利用規約 リンク集